たぶんか便り

web版『たぶんか便り』創刊

【個人インタビュー 012】石井瑞穂さん

2017年12月29日 15:26 by tabunka_tokai

ハーフは自慢できること ~日韓のハーフに生まれて~

近年、国際結婚の増加に伴い、日本における新生児の50人に1人は外国人と日本人との間に生まれているという統計があります(注1)。現在、グラフィックデザイナーとして活動し、当団体が発行するグルメマップ等のデザインを担当している石井瑞穂(いしい・みずほ)さんも、日本人の父と韓国人の母を持つハーフ(注2)です。

ハーフであることは特別なことではなく、むしろ「自慢できること」だという石井さん。そう思うようになった背景にはどのようなきっかけがあったのか、幼少期や韓国への留学時代のお話を伺いました。

(注1)厚生労働省「平成22年人口動態統計年報 主要統計表」より。

(注2)「ダブル」や「ミックスルーツ」などの呼称も使われている。

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【個人インタビュー016】玉城エリカさん

web版『たぶんか便り』創刊

【個人インタビュー 015】モニカ・フランシスカさん

web版『たぶんか便り』創刊

【個人インタビュー 014】照屋エイジさん

web版『たぶんか便り』創刊

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。